ここはアメリカのインテリア雑貨を紹介するブログです。最新の情報で更新しています。
    
アートな古代の技法を駆使したメタル加工の飾り鏡   

古代の技法を駆使したメタル加工の飾り鏡 写真拡大は画像をクリック


こちらはアートな古代の技法を駆使したメタル加工の飾り鏡です。

今日のご紹介は、アートな古代の技法を駆使したメタル加工の飾り鏡です。この素敵なインテリア雑貨をホームアクセントとしてあなたのお部屋に飾ってみませんか。見事な飾り縁の技巧はお部屋に訪れる方の目を奪うこと請け合いです。この飾り鏡のフレームは銀と銅で出来ています。そのメタルフレームに、古代から伝えられている打ち出し技法で、丁寧に葉つるの模様を浮き彫り加工したものです。その技法はメタル板の裏からハンマーを使ってこつこつと打ち出したり工具で押し出したりして加工するようですよ。とても手の込んだ技法でディテールが見事ですね。カガミの縁が面取り加工されていますので、豪華さを一層引き立てていますよ。数量限定の作品です。

サイズは幅1219mm、厚み19mm、縦1219mmです。価格4,964ドル

この飾り鏡は写真で見た目より大きめです。縦横120センチ以上ありますからお部屋に飾れば、とても印象深いホームアクセントになりますよ。打ち出し技法で浮き彫りされた葉つるの模様は目を奪うほど見事ですね。このご紹介のWEBサイトに入れば、4隅の部分のディテールを拡大した写真を見ることが出来ますから、是非ご覧になられることをお奨めします。細かい細工が見事になされていますのが分かりますよ。このインテリア雑貨はちょっとお値段が張りますが、それだけのお値打ちはあると思いますがいかがでしょうか。

このアメリカのWEBサイトはこちら>>です。直接購入するのが面倒な方は、artymamaで購入お手伝いいたしますよ。
              
コメント
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?