ここはアメリカのインテリア雑貨を紹介するブログです。最新の情報で更新しています。
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アートな象眼細工が美しい半月形のコンソールテーブル   
象眼細工が美しい半月形のコンソールテーブル  写真拡大は画像をクリック

こちらはアートな象眼細工が美しい半月形のコンソールテーブルです。

今日のご紹介は、前板と扉に施された象眼細工がとても美しい半月形のコンソールテーブルです。この素敵なインテリア雑貨をあなたのお部屋のホームアクセントとして飾ってみませんか。お部屋に落ち着いた飾り物が出現して気持ちの良い日々が過ごせると思いますが、いかがでしょうか。このコンソールテーブルはチューリップツリー(モクレン科の木で和名はユリノキまたはハンテンボク)の材木で作られていまして、ラッカー仕上げになっています。そして正面の2段になった引き出しの前板と両サイドの扉には、素敵な象眼細工が施されていますよ。それぞれの縁周りには彫りこみの細工が施してあり、お洒落な感じを引き立てていますね。

サイズは幅965mm、奥行き419mm、高さ864mmです。価格1,249ドル

このコンソールテーブルは比較的小振りのサイズで、また角が取れた半月の形になっていますので、お部屋に飾ってもあまり場所を取らずに済みますね。このご紹介のWEBサイトに入ればクローズアップビューで象眼細工などのディテールが確認出来ますので、是非ご覧になられることをお勧めします。

このアメリカのWEBサイトはこちら>>です。購入方法などが分からない方は、artymamaまでご相談ください。但しご紹介させて頂いているだけで、販売会社と当方とは何ら関連はありませんので、ご購入なさる場合は購入者の自己責任でお願いいたします。
              
コメント
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                     
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。